元 河川監理員による河川情報

     工事や季節的なイベント行事等を行う場合、または仮設物を設置する場合は、特別な手続きによって実施することができます。
     他の河川利用者の利用を制限してしまいそうな計画の場合は、付近の行政窓口(その河川を管理している行政機関)へ相談したほうがいいですね。


     私がやっていた頃は、一時使用や一時占用の手続きがありました。ほかの河川管理者も同じでしょうか?

    一時使用(いちじしよう)
     地域や学校等が実施する行事(総合学習で川の生き物調査とか)など、団体的な「短期間の河川敷地の使用」で、河川管理者が使用上または使用後の注意事項等を指導する必要があると判断される場合に、「一時使用届」を提出してくださいとお願いされます。

     「届出」がどういうときに必要なのかが、お役所的表現であり抽象的でわかりにくいと思いますが、早く言えば「その場所を仲間内で確保して使いたい時=他の河川利用者の自由使用を妨げる恐れがある場合」です。不明な場合は、その川を管理しているお役所へ電話1本です。(○○川とかでネット検索すると、河川管理担当連絡先も探せます)

     お役所に尋ねれば、利用したい場所で河川工事の予定があるだとか、ほかの団体が魚釣大会で100人が利用する日だとか、自分にとっても支障となりそうな情報も教えてもらえます。


    一時占用(いちじせんよう)
     大規模な仮設物の設置を伴い、排他独占的な使用を確保する必要があるものについては、河川管理者が河川管理上の一定の規制を行う必要があることから、一時占用の許可を受けることとなります。この場合、許可申請書に出水時の対応等を明確にするとともに、河川敷地占用許可準則の趣旨から大きく逸脱することのないようにすることが必要です。


    一時使用と一時占用を比較してみました

    ○一時使用

    ・期間     おおむね3日以内のものであること
    ・手続き    現場近くの出張所長へ相談する
    ・終了時の確認 通常の河川巡視等で確認する
    ・代表事例
     各種スポーツ大会、消防訓練、凧上げ大会、仮設物を伴わない花火大会・映画等の撮影など
     ※私が担当していた頃、お笑い芸人が、対岸まで川を泳いでわたるというテレビ企画モノの相談がありました。

    □一時占用

    ・期間     設置から撤去まで必要最少日数(おおむね1月以内のもの)
    ・手続き    許可申請が必要
    ・終了時の確認 撤去完了後、立会確認か写真と河川パトロールで確認
    ・代表事例  工事、やな場、仮設物を設置する各種スポーツ大会・コンサート・伝統的歴史的行事など


    (注意)
     河川で大雨による増水時に、河川利用者が許可を受けて設置した仮設物が、撤去が間に合わず流されたり、利用者自身が水難事故に あったりという事態が非常に多く発生しています。したがって仮設物を設置する河川利用の場合は、「増水時における仮設物の撤去計 画」を結構細かく確認することになります。
     たとえば、どういう天候で、利用地点から上流部水位観測所の水位がこうだと、何時間後に利用地点の水位がこうなるから、撤去に 必要な時間を確保して、何時間前には、何人でどういう方法でどこへ撤去する・・・とか詳しく計画してもらいます。)



    河川情報のトップページへ
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿する
    URL:
    本文:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    http://kasenjyoho.blog.fc2.com/tb.php/10-6ac039c8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック:
    introductionspanhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1C8FS1+9X8M9E+RUS+626XTintroduction