元 河川監理員による河川情報

    河川で死体発見
     警察から、管理区間の河川で死体発見という情報があり、さっそく現場へ向いました。
     河川に住んでいたホームレスです。こんな経験は3回くらいありました。
     公園や街角と違って河川は過酷な自然と向かい合わせです。特に大雨による増水で命を落とす危険が大きいです。

     せめて、危険になる確率が高い河川にだけは住んで欲しくないといつも思っていました。




     河川内に居住する方々へは、河川監理員だった頃、真剣に対応してきました。
     社会的事情で路上生活を余儀なくされている方々が、大雨で増水する恐れもある河川内で居住している場合は、危機を予測した素早い対策が必要です。
     何よりも自治体が主体となって実施しているホームレス支援策と連携していくことで、河川監理員の現地指導に効果が出ます。
     関係機関と十分連携し、何らかの事情で河川に住むことを余儀なくされた方々(ホームレス)へ真剣に対応しているので、河川監理員はホームレスに対して、人道上の問題を踏まえずに河川から出て行けなどと言うわけはありません。管理する河川内を全て巡視確認し、ひとりひとりのホームレスに会い、名前や現在の仕事、経緯なども教えてもらったりして、河川敷地のどこに誰が住んでいるかを一覧表にして持っていました。

     とにかく、河川に居住することは命を落とす危険性があることや、河川管理上支障のある行為について自主的に是正するよう指導しなければならないのです。

     河川監理員として指導すべきことは、次の3点が主な点でした。現在もスタンスは同じでしょう。

    ①河川敷地は川の水が流れるところであり居住するところではありません
    ・出水時に水難の危険がある(本人自身にとって命の危険がある)
    ・みんなが利用できる河川敷地に勝手に居住してはいけない

    ②河川敷地、橋梁下に小屋を建てたり多くの手荷物を放置してはいけません
    ・河川敷地に勝手に工作物を設置してはいけません
    ・河川管理上の支障として「河川流下の阻害」「河川管理施設の損傷」「火災」「工作物による事故発生の恐れ」があります
    ・「排他的な河川利用」は河川自由使用の支障になります
    ・付近の住民から苦情が多く寄せられています

    ③河川に居住するホームレスの方々へ指導するとともに、自治体の福祉部局へ住居のことや健康のことなど相談してください・・・と伝えて、根本的な問題解決へ繋げていけるように対応することが基本です。

     「自治体の福祉担当部局では、「就労支援」「健康相談」「自立支援センター」などの福祉施策を実施しています。自治体へ相談に行きたいのに自力で行けない場合はその事情を伺います。河川監理員が自治体窓口へあなたの状況や希望を伝えますから何でも相談してください。」

    事情があり河川に住むことを余儀なくされた方々
     炎天下の河川敷で倒れていたホームレスから、救急車を呼んでくれと頼まれたことがありました。  救急車を呼んだところ、到着した救急隊員の話では、この人は病院へ行きたがる常習者・・とのことで帰ってしまいました。
     ホームレスが心配だったので、何かあったら連絡してくれと職場の連絡先住所や電話番号を教えた事がありましたが、その後どうだったかは記憶にありません。
     今でも、ホームレスが多い河川を見かけますが、これから寒くなるので心配です。





    河川情報のトップページへ
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿する
    URL:
    本文:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    http://kasenjyoho.blog.fc2.com/tb.php/15-1c26abf6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック:
    introductionspanhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1C8FS1+9X8M9E+RUS+626XTintroduction