元 河川監理員による河川情報
    越境しています
    不法占用では、軒先が官民境界を越えているものや、河川区域内に建物や立木があるものなど、河川管理上の支障程度は千差万別ではありますが、不法占用は是正していかなければなりません。

     しかし、不法占用対策において「過去の経緯」も無視することはできないのです。

     河川区域内に建物や工作物、立木などが存在することとなった過去の経緯です。
     個々の実情に応じて、基本的には”河川区域内にあってはならない物”が原因で地域へ支障が発生しないように少しずつでも改善していかなければなりません。




    河川情報のトップページへ
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿する
    URL:
    本文:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    http://kasenjyoho.blog.fc2.com/tb.php/22-9a89f8d1
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック:
    introductionspanhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1C8FS1+9X8M9E+RUS+626XTintroduction