元 河川監理員による河川情報
    不法係留船
     当時、河口部へ両岸ぎっしりと小型船舶が係留していました。

     河川巡視により、不法係留している船舶は全て確認記録済みです。新たな船舶を発見すると、まず所有者が現場に居れば、状況を確認し注意指導をします。海からやってきて一時的に河岸につけた人もいるので事情を確認するのです。

     たいていは、ずうずうしい不法係留者で、なんだかんだとすごんできます。多くの船舶所有者は、マリーナなどの保管場所へ泊めているのに、不法者は気楽に河川へ泊めます。それも、河岸へ単管パイプを打ち込んで組み上げ、桟橋を造っているのです。

     河岸は何百メートルも単管パイプ桟橋でぎっしりなので、きれいな川なのに絶好の釣り場として利用できない状態です。散歩もできません。過去の河川巡視が甘かった事もありますね。不法係留船舶が河川に急に増えるわけは無いので、その都度是正していけば良かったんですよ。

     現地に船舶の所有者が居ない場合は、新発見した船舶の「船舶番号」をチェックします。「230-1234」と記されたシールが貼ってありました。これが船舶番号です。おまけに、船舶には「不法丸」とか書かれています。(船舶名や番号は一例ですよ)

     船舶名や船舶番号をメモして、近所(管轄)の「小型船舶検査機構」へ行き、申請用紙へ記入して所有者情報などを取得していました。

     不法係留船や不法桟橋には「警告文書」(通し番号付き)を貼って状況写真も撮影します。所有者が判明すればスグ電話です。しかし、電話で注意してスグ改善する人はほとんどいません。
     現場で出会えた所有者へ注意指導した時に、「あーあー、わかったよ」とか返事をしてくれる人はまだ良いほうです。ほとんど無視されるか、自分勝手な言い訳のオンパレードです。

     ひどい時は、か弱い公務員を脅してきます。不法者対応に慣れているとはいえ、不法仲間数人に取り囲まれた時はボコされるのを覚悟しました。頭の中では、その展開になれば日頃の警察との連携へ持っていけると期待もしていました。残念なことに肩も触ってくれなかったので、ほっと一安心の河川巡視でした。

     不法係留船対策は、このような対応が続いていきます。

     次回も、どのように対策していったかの具体事例をもう少し話したいと思います。




    河川情報のトップページへ
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿する
    URL:
    本文:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    http://kasenjyoho.blog.fc2.com/tb.php/23-ff3d74ad
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック:
    introductionspanhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1C8FS1+9X8M9E+RUS+626XTintroduction