元 河川監理員による河川情報
    365日の河川管理
     各地の河川管理者は、365日の河川管理といって洪水時や渇水時だけでなく、平常時から河川の状況を的確に把握して、昨日の河 川状況と今日の河川状況は違うのだという維持管理、河川整備をしてきました。現在もどこの部署でもあたりまえに実施しているとこ ろですよ。

     この平常時のきめ細かい河川管理があればこそ、イザという時に役立つ災害対応のノウハウを幅広く蓄積できるのだと思います。
     今、大災害が発生した場合でも、全国各地の職員が広域的な連携体制をとり、県をまたいで全国どこでも出動します。「TEC-FORCE 」というチームを新聞で見た方もいるでしょう。それです。このように、私達はイザという時に、全国に張り巡らされた情報網やその 蓄積データの活用、及び数々の実務経験に基いた緊急復旧や応急対策に必要な能力を持つ相当規模の動員など、機動的に対応すること が可能なのです。

     このような、県や自治体にはマネできない役割は、もっとPRしてもいいんじゃないでしょうか。役割は今後も確実に果たしていか なければいけないと思います。

     しかし心配なのは、公共事業の地方分権、出先機関の廃止や縮小という方向が出ている事です。今までのようにきめ細かな河川管理 は今後必要ないので管理体制を縮小しようと決定されてしまうんでしょうか?そんな事は無いんですかね? 

     現在、目立ちもしない「河川の安全・安心」の裏側には何があるのかを皆にもっと知ってもらいたいです。

     無駄な事業を縮小し効率化を図ることは大切だと思いますが、河川事業は、開発主体の道路事業と違って守りが主体の治水事業です 。地域住民へ自主的な危機管理をするように啓発する事や、関係者へ十分な調整も完了していない状況で、河川管理体制を縮小してし まうことの無いようにお願いしたいですね。

     今までの高レベルの河川管理・整備を今後も保てるのか、それとも今までより災害対応レベルを下げて、沿川住民の自主的努力に賭 ける部分を多くするのか、本当にどうなるんでしょうか。これで良いのか本当に心配なんです。




    河川情報のトップページへ
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿する
    URL:
    本文:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    http://kasenjyoho.blog.fc2.com/tb.php/27-d8ff22fa
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック:
    introductionspanhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1C8FS1+9X8M9E+RUS+626XTintroduction