元 河川監理員による河川情報

    河川区域
     河川管理者が権限を持っている河川区域内の土地を占用しようとする場合は、河川法の許可が必要です

     基本的には、河川区域内の土地の占用は、次の基準に該当して、なおかつ必要やむを得ないと認められる場合に許可されます。この場合は、その地域の土地利用の実態を勘案して、もちろん公共性の高いものが優先されることになります。

     大雨で河川が増水した時に支障を発生させないもの、河川水の利用に支障が生じないもの!
     ”自然である河川が本来持っている機能”を阻害するような占用は認められません。

     河川の自由使用を妨げないもの!

     河川は公共用物なので、「自由使用」は大切なこととして維持されるべきことです。従って、占用許可申請の対象となる土地の周辺で、全体として自由使用のための場所が確保されていることが必要なのです。(公園や緑地の占用については、自由使用のための場所といえるでしょう)

     お役所(河川管理者)が作っている「河川環境管理基本計画」に定めているとおりです。

     「河川環境管理基本計画」では、その河川を有効に利用するために河川敷地のゾーニングを行っています。占用許可がこれらのゾーニングに沿ったものとなるようにするのが趣旨なのです。

     河川やその周辺の土地利用の状況、景観その他自然的および社会的環境を損なわないものであることが大切であり、河川を占用することによって環境を損なうようではいけません。


    河川法第24条(土地の占用の許可)
    第24条
     河川区域内の土地(河川管理者以外の者がその権原に基づき管理する土地を除く。以下次条において同じ。)を占用しようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、河川管理者の許可を受けなければならない。




    河川情報のトップページへ
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿する
    URL:
    本文:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    http://kasenjyoho.blog.fc2.com/tb.php/3-a9648bc5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック:
    introductionspanhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1C8FS1+9X8M9E+RUS+626XTintroduction