元 河川監理員による河川情報

     次の施設については、国、地方公共団体、公共法人、その他これらに準ずる者、または営利を目的としない者(公的主体等という)の申請に対して占用を許可されます。

    ① 公園、緑地または広場
    ② 運動場
    ③ 採草放牧地
    ④ グライダー練習場その他これに類するもの
    ⑤ ラジコン飛行機滑空場その他これらに類するもの
    ⑥ 以上のものの他、その面的占用を許可することによって河川管理に寄与するもの

    (注意)
     ①から⑤のうち、その施設の周辺に影響を与える施設についての占用には、許可申請者がその施設周辺の市町村の同意を得る必要があります。

    ・上記の附属施設

    ① 駐車場
    施設周辺の騒音の抑制、違法駐車の防止のため必要やむを得ないと認められる場合には、その施設の利用者のための駐車場をもうけることができます。この場合、治水上の支障とならないように、その施設の利用時間以外は駐車させず、洪水時には車両を撤去できるような体制がとられていることが許可条件となります。

    ② 売店等
    施設利用者の利便性の向上のため、売店、便所、休憩所、ベンチ等をその施設と一体を成す附属施設として設置することは許可されるようです。なお、売店等附属施設は、洪水時には撤去できるような構造及び体制がとられていることが許可条件となります。

    ③ その他
    河川敷地占用許可準則を参照(後日、紹介予定)




    河川情報のトップページへ
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿する
    URL:
    本文:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    http://kasenjyoho.blog.fc2.com/tb.php/4-dd9cf33e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック:
    introductionspanhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1C8FS1+9X8M9E+RUS+626XTintroduction