元 河川監理員による河川情報
     占用させられない案件は放置せず原因者へそれを認識させる。計画的な是正指導が必要

     公共用財産が、長年の間事実上公の目的に供用されることなく放置され、公共用財産としての形態、機能を全く喪失し、その物のうえに他人の平穏かつ公然の占有が継続したが、そのため実際上公の目的が害されることもなく、もはやその物を公共用財産として維持すべき理由がなくなった場合には、右公共用財産について、黙示的に公用が廃止されたものとして、取得時効の成立を妨げないものと解するのが相当。



    河川情報のトップページへ
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿する
    URL:
    本文:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    http://kasenjyoho.blog.fc2.com/tb.php/45-77fb5b49
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック:
    introductionspanhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1C8FS1+9X8M9E+RUS+626XTintroduction