元 河川監理員による河川情報
    河川利用の許可に関する法律

    ○河川法 第24条
    (土地の占用の許可)

     河川区域内の土地(河川管理者以外の者がその権原に基づき管理する土地を除く。以下次条において同じ。)を占用しようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、河川管理者の許可を受けなければならない。

    ○河川法 第25条
    (土石等の採取の許可)

     河川区域内の土地において土石(砂を含む。以下同じ。)を採取しようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、河川管理者の許可を受けなければならない。

    ○河川法 第26条第1項
    (工作物の新築等の許可)

     河川区域内の土地において工作物を新築し、改築し、又は除却しようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、河川管理者の許可を受けなければならない。河川の河口附近の海面において河川の流水を貯留し、又は停滞させるための工作物を新築し、改築し、又は除却しようとする者も、同様とする。

    ○河川法 第27条第1項
    (土地の掘削等の許可)

     河川区域内の土地において土地の掘削、盛土若しくは切上その他土地の形状を変更する行為(前条第1項の許可に係る行為のためにするものを除く。)又は竹木の栽植若しくは伐採をしようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、河川管理者の許可を受けなければならない。ただし、政令で定める軽易な行為については、この限りでない。

    ○河川法 第31条
    (原状回復命令等)

     第26条第1項の許可を受けて工作物を設置している者は、当該工作物の用途を廃止したときは、速やかに、その旨を河川管理者に届け出なければならない。

    ○河川法 第33条
    (許可に基づく地位の承継)

     相続人、合併又は分割により設立される法人その他の第23条から第27条までの許可を受けた者の一般承継人(分割による承継の場合にあっては、第23条から第25条までの許可に基づく権利を承継し、又は第26条第1項若しくは第27条第1項の許可に係る工作物、土地若しくは竹木若しくは当該許可に係る工作物の新築等若しくは竹木の栽植等をすべき土地を承継する法人に限る。)は、被承継人が有していたこれらの規定による許可に基づく地位を承継する。

    ○河川法 第34条
    (権利の譲渡)

    第23条から第25条までの許可に基づく権利は、河川管理者の承認を受けなければ、譲渡することができない。

    ○河川法 第55条第1項
    (河川保全区域における行為の制限)

     河川保全区域内において、次の各号の一に掲げる行為をしようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、河川管理者の許可を受けなければならない。ただし、政令で定める行為については、この限りでない。
    1.土地の掘さく、盛土又は切土その他土地 の形状を変更する行為
    2.工作物の新築又は改築

    〇基本的事項

     河川保全区域の目的である河岸や河川管理施設の保全に支障を及ぼすおそれがないものである限りは、許可されると思います。

    〇許可を要しない行為

    ・耕耘
    ・堤内の土地における地表からの高さが3m以内の盛土。
    (堤防に20m以上沿う場合を除く)
    ・堤内の土地における地表から深さ1m以内の土地の掘削又は切土
    ・堤内の土地における(コンクリート造、石造等の堅固なもの及び貯水池、水槽、井戸等水が浸透するおそれのあるものを除く)工作物の新築又は改築



    河川情報のトップページへ
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿する
    URL:
    本文:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    http://kasenjyoho.blog.fc2.com/tb.php/49-c9d4a152
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック:
    introductionspanhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1C8FS1+9X8M9E+RUS+626XTintroduction