元 河川監理員による河川情報
    河川公園の工作物撤去対策

    ※施設撤去時の水位概念の参考です。
     河川管理者から河川法許可を受けた河川公園に置いてあるバックネットとか、簡易トイレなど、大雨による出水が想定される場合は、河川が増水し公園の敷地が浸水する前に、河川区域外から撤去しなければなりません。
     河川公園の申請時に添付された「出水時撤去計画書」に記載された計画どおりの対策が必要ということです。この計画書は申請時に必須ですね。

    (施設撤去時の水位概念)
    ①○○川の右岸又は左岸の公園の設置物を撤去するにあたり、
    ②事前に上流部の水位観測所数値データを参考に、
    ③平成  年  月  日(台風  号)実績などで、
      □□水位観測所で、 月  日、  時から  時にかけて、水位が  .  mを越えた。
      □□水位観測所より上流には雨量観測所が 「  」箇所の降雨状況については・・・・であり、
      月  日  時までの累計雨量である。
      これらの雨量観測所で、降雨が継続している時は、□□水位観測所で、水位上昇が見込まれるため、撤去を開始しなければならない。
    ④撤去を開始するときの水位 TP . m (□□水位観測所の水位  . m)
    ⑤高水敷施設撤去開始
    ②高水敷施設撤去完了(高水敷高より余裕30㎝見込み)
    ③申請会場付近の高水敷冠水(□□水位観測所水位 . m)

    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿する
    URL:
    本文:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    http://kasenjyoho.blog.fc2.com/tb.php/50-78da4907
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック:
    introductionspanhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1C8FS1+9X8M9E+RUS+626XTintroduction